粕取り焼酎

粕取り焼酎 川筋一代 若波酒造

2003年頃の焼酎ブームの中福岡県の問屋さんが若波酒造の蔵の片隅で発見しました。

その時に蔵出し16年物です。

今が2022年だから当店にきてから19年倉庫の片隅に寝ていました。

HPを新しくし、ブログを開設しましたので紹介します。

ラベルには本格粕取焼酎 16年原酒と書いています。

このときの粕取り焼酎ですから正調粕取り焼酎と思われます。

正調粕取り焼酎

酒粕と、もみ殻を混ぜて蒸留した焼酎です。

もみ殻を入れる理由は、発酵させる過程で通気性をよくするため。昔ながらのせいろ式の蒸留機で蒸留する、伝統的な製法です。

口に含むと、もみ殻のビターな香りがそのまま鼻をくすぐります。

ややクセがありますが、はまるととてもおいしく感じられます。

他には吟醸粕取り焼酎が有るみたいです。

度数は42度

ラベルが年代を感じますね!

本格粕取り焼酎 川筋一代 1800m ¥5238

カテゴリーsake

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。