梅酒・バナナ梅酒・1800ml・小林酒造

門司は九州の大都会〜♪ と唄われた福岡県北九州市の門司港は九州の玄関口として栄え、明治の頃より台湾バナナの輸入港でもありました。

当時、門司港には50数軒ものバナナ問屋があり、台湾から運ばれたバナナはここで陸揚げされ、全国各地に届けられたそうです。

いま「門司港レトロ地区」は注目の観光スポットで、バナナを使ったお菓子やグッズが多く売られていますが、「そういえばバナナのお酒はないよね〜」ということで、門司港ゆかりのバナナのお酒を世に出したいという話が持ち上がってから数年、このたびようやく完成したのがこの「門司港バナナ梅酒」です。

ラベルの真ん中には黄色いバナナ。瓶底のほうにはバナナの果肉(ピューレ?)がとろとろ沈んでいます。

ボトルをかるく振ってグラスに注ぐと、甘くて爽やかなバナナの香りが漂ってきます。バナナの果実感や繊維感を感じる、少しとろみのある口当たり。予想したよりも甘ったるくなく、爽やかな後味が好印象です。

オンザロックで氷が少し溶けた頃が一番おいしいと思いましたが、他にもいろいろな飲み方を試してみたくなる不思議な魅力のフルーツ梅酒です。

●梅仙人 門司港バナナ梅酒
(うめせんにん もじこうばななうめしゅ)

飲み方/ オンザロックが最高☆
うつわ/ 繊細なロックグラスで
お料理/ 居酒屋料理やスイーツ全般

フルーツ梅酒/ とろ〜り果肉&すっきりフルーティ
造り手/ 福岡 小林酒造本店

型番 KS-U-B-1800
販売価格
3,080円(内税)
購入数